華厳の滝

けごんのたき
(栃木県)

栃木県日光市にある滝。名は仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれる。落差97mを一気に流れ落ちる様は豪快。中段部分の岩壁からは伏流水が流れ出して12の小滝となり、直下型の華厳の滝と相まって滝全体を囲むような優れた景観を作り出している。また日本三名瀑のひとつにも数えられている。

滝   詳細 »

袋田の滝

ふくろだのたき
(茨城県)

茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る。冬には滝が凍結する「氷瀑」と呼ばれる現象が発生することでも有名。日本の滝百選にも選定されている。また華厳滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県)とともに日本三名瀑のひとつに数えられる。

滝   詳細 »


那智の滝

なちのたき
(和歌山県)

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の那智川にかかる滝。一の滝における落差は133mであり、一段の滝としては落差日本1位を誇る。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑のひとつに数えられている。国の名勝にも指定されているほか、2004年にユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されている。

滝   詳細 »