十文字ラーメン

じゅうもんじらーめん
(秋田県)

秋田県横手市(旧十文字町)のご当地ラーメン。煮干や鰹節などを使った和風出汁のしょうゆ味のスープと、かんすいを全く用いない細い縮れ麺が特徴。

ラーメン   詳細 »

男山

おとこやま
(北海道)

北海道旭川市の地酒。男山株式会社。17世紀中ごろ、寛文年間(1661年-1672年)に木綿屋山本三右衛門が男山八幡宮からその名をとり、兵庫県伊丹市に創設したのが始まりとされている。1968年に元祖男山である伊丹の山本家末裔から正統の印である印鑑が継承され、男山株式会社に改称した。

日本酒   詳細 »


毛越寺庭園

もうつうじていえん
(岩手県)

岩手県西磐井郡平泉町にある毛越寺の日本庭園。世界文化遺産にも登録されている。大きな池を中心に砂洲と入江による洲浜や、池の中の立石、人工的に作った築山などを配置し、極楽浄土を地上に表現したといわれる浄土庭園。毛越寺庭園は平安時代の庭園遺構がほぼそのままに保存されており、貴重な文化財であることから国の特別史跡および特別名勝に指定されている。

庭園   詳細 »

いたどりの炒め物

いたどりのいためもの
(高知県)

高知県の郷土料理。いたどりは、山野に自生するタデ科の多年草。春先に摘んで塩漬け保存し、通年食べられている。高知県以外ではあまり食べられていない。油でさっと炒め、調味料とけずり節を加え、味をなじませる。いたどりは地方によってはスカンポ、スイバなどと呼ばれる。

料理   詳細 »


津屋崎祇園山笠

つやざきぎおんやまかさ
(福岡県)

福岡県福津市津屋崎町の波折神社に奉納される祇園祭。祭りの最終日には、山笠が締め込み姿の参加者により担ぎ上げられて駈け回る、博多祇園山笠さながらの追い山が行われる。正徳2年(西暦1712年)に博多から波折神社境内の祇園社に神様をお迎えし、旧暦の6月19日に山笠を三流れ作って、奉納したのが始まりとされている。

文化   詳細 »

アイヌ

あいぬ
(北海道)

日本とロシアにまたがる北方先住民族。アイヌ民族の祖先はおおまかには続縄文文化、擦文時代を経てアイヌ文化の形成に至ったことが明らかになっている。江戸時代には松前藩がおもにアイヌの人々と交易を行っていた。当時、アイヌは和人のことを「シサム」「シャモ」と呼称していた。シサムは隣人という意味のアイヌ語で、シャモはその変化形の蔑称または「和人」のアイヌ読みともいわれる。

文化   詳細 »


住吉大社

すみよしたいしゃ
(大阪府)

大阪府大阪市住吉区住吉にある神社。全国に約2,300社ある住吉神社の総本社。創建は神功皇后摂政十一年(211年)。主祭神は神功皇后(じんぐうこうごう)をはじめとした4柱で、これらの神は住吉大神と総称され海の神として信仰される。正月の三が日にかけては橋を渡る参拝客の通行規制が敷かれるほど混雑する。

神社   詳細 »

茜丸五色どらやき

あかねまるごしきどらやき
(大阪府)

大阪府大阪市天王寺区に本社を置く「株式会社茜丸」が製造販売する和菓子。あんに五色の甘納豆(金時豆・虎豆・うぐいす豆・白手亡豆・小豆)が入ったどら焼き。茜丸の看板商品にもなっている。茜丸本店、西成区の天下茶屋店のほか、JR大阪駅、新大阪駅、天王寺駅、大阪空港、関西空港などでも売られている。

スイーツ   詳細 »


休暇村乳頭温泉郷

きゅうかむらにゅうとうおんせんきょう
(秋田県)

秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉。ブナ林に囲まれた近代的な建物の温泉宿があり、2種類の泉質の掛け流し温泉が楽しめる。

温泉   詳細 »

満奇洞

まきどう
(岡山県)

岡山県新見市にある鍾乳洞。全長が約450mある洞窟は鍾乳石がライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめる。洞内の奥にある地底湖と、湖にかかる竜宮橋も見所。名前の由来は歌人の与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから命名された。岡山県の指定天然記念物。映画「八つ墓村」のロケ地としても使われた。

名所   詳細 »