お旅まつり

おたびまつり
(石川県)

石川県小松市で毎年5月に行われている祭り。絢爛豪華な曳山の上で地元の子供たちで演じられる「曳山子供歌舞伎」で有名。「お旅まつりの曳山行事」として県の無形民俗文化財に指定されている。

文化   詳細 »

冷や汁

ひやしる
(宮崎県)

宮崎県の郷土料理。いりこもしくは焼いた鯵などの魚をごま、味噌をすり鉢ですり合わせ、丹念に焙って香ばしい焼き味噌に仕立てたのち、だし汁で溶いて冷やし、青じそ、きゅうり、豆腐などをいれ、温かいご飯か麦飯にかけて食べる。古くは鎌倉時代の「鎌倉管領家記録」に「冷や汁」の記述が見られる。同名の料理や類似した料理が日本各地にあるものの、宮崎県の冷や汁が「鎌倉管領家記録」の冷や汁に一番近いものとされる。

料理   詳細 »


芦ノ牧温泉

あしのまきおんせん
(福島県)

福島県会津若松市にある温泉。開湯は1200年前、旅の老僧「行基上人」によって発見されたと伝えられている。温泉名の由来は、芦名の牧、つまり芦名家の軍馬放牧場だったことに由来とする説と、温泉街を流れる大川が渦を巻いていたことに由来する説がある。

温泉   詳細 »

二条城

にじょうじょう
(京都府)

京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある城。1603年(慶長8年)、徳川家康が上洛時の宿舎として築城。幕末最後の将軍となった第15代徳川慶喜が、二の丸御殿大広間一の間で諸大名を集めて大政奉還を発布したことで有名。日本100名城(53番)の一つ。

城   詳細 »


ホヤ

ほや
(宮城県)

宮城県の特産品である海産動物。その見た目から「海のパイナップル」とも呼ばれる。宮城県はホヤの代表的な産地であり、独特の風味が酒の肴として好まれる珍味。殻を剥いたオレンジ色の身を刺身で食すほか、酢の物、フライ、焼くなどの調理方法がある。

名産   詳細 »

大田焼きそば

おおたやきそば
(群馬県)

群馬県太田市のご当地焼きそば。有名店「岩崎屋」などは麺が太く濃い目のソースを特徴とするが、大田焼きそばとしての明確な定義は特に存在せず、細麺や薄いソースを使う店もある。太田市には約80店舗とやきそば店が多く、平成14年に「やきそばの町」として名乗りを上げた。

料理   詳細 »


香椎宮

かしいぐう
(福岡県)

福岡県福岡市にある神社。第14代の天皇である仲哀天皇とその妻である神功皇后を祀る。神功皇后が祠を建てて、急逝した仲哀天皇を祀ったのが起源とされる。社殿の造営は朝廷が724年(神亀元年)に始めた。本殿は「香椎造り」といわれる日本唯一の神社建築であり、国の重要文化財に指定されている。

神社   詳細 »

伊佐大泉

いさだいせん
(鹿児島県)

鹿児島県伊佐市菱刈荒田の明治38年(1905年)に創業の蔵元「大山酒造」が醸造している、いも焼酎。アルコール度数は25度。手作業で丁寧に米麹を造って焼酎の元とし、仕込みの段階で通常より芋の割合を多くすることで豊かな風味を引き出した本格焼酎。鹿児島県下焼酎鑑評会で総裁賞や優等賞に輝くなど評価は高く、ファンが多い。

焼酎   詳細 »


にらそば

にらそば
(栃木県)

栃木県鹿沼市のご当地そば。その名の通り、具と薬味を兼ねた多目の「にら」を蕎麦とともに食する変り種そば。特産品である新鮮なにらのシャキシャキとした食感と風味が不思議と蕎麦にマッチしている。「にらそば」は鹿沼で世代を超えて愛されており、鹿沼の蕎麦屋ではほぼ必ずといっていいほどメニューにある。

料理   詳細 »

三段壁洞窟

さんだんべきどうくつ
(和歌山県)

和歌山県白浜町にある、自然の海蝕洞窟。景勝地・三段壁の地下36m下に広がる。断崖上から辯天宗本堂内に設置されているエレベーターで地中を降りると、波の打ち寄せる洞窟内部を観覧できる。洞窟内には1周約200mの通路があり、水の神様である弁財天が祀られている。平安時代に力を誇った熊野水軍の隠し洞窟だったと伝えられている。

名所   詳細 »