大宮神社

おおみやじんじゃ
(鹿児島県)

鹿児島県薩摩川内市にある神社。大己貴命 (おおなむちのみこと)を祀る。11月23日と大晦日に奉納される「入来神舞」の一つの祭文で「君が代」の一節が朗詠されていることから、国歌発祥の地とされている。

神社   詳細 »

鶴の湯温泉

つるのゆおんせん
(秋田県)

秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉。旅館「鶴の湯温泉」と別館である「山の宿」がある。乳頭温泉郷では最も古い温泉で、寛永15年(1638年)に秋田藩主・佐竹義隆が湯治に訪れた歴史を持つ。

温泉   詳細 »


鳴子温泉

なるこおんせん
(宮城県)

宮城県大崎市にある温泉。今から1200年前に潟山が大爆発して温泉が湧き出したとされている。湯量が豊富で、源泉かけ流しの風呂が多い。同県の秋保温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯に数えられる。全国に11種類ある泉質のうち、9種類が揃った珍しい温泉地であり、単純温泉・硫黄泉・芒硝泉・重曹泉・食塩泉・重炭酸土類泉・緑ばん泉・炭酸鉄泉・酸性泉など多岐に渡る。

温泉   詳細 »

高岡大仏

たかおかだいぶつ
(富山県)

富山県高岡市の大佛寺にある仏像。阿弥陀如来の坐像で、全高は約15m、座高は約7.5m。高岡市指定有形文化財に指定されている。起源は1221年(承久3年)に建立された木造の仏像だが、以降幾度も焼失している。現在の仏像は松木宗左衛門が鋳銅仏の建立を発願し、高岡銅器の職人の協力のもとに1933年(昭和8年)に建立されたもの。

名所   詳細 »


蕪嶋神社

かぶしまじんじゃ
(青森県)

青森県八戸市にある周囲0.8kmの蕪島にある神社。市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)を祀る。永仁4年(1269年)に蕪島に弁財天を祀ったのが創始とされる。神社がある蕪島はウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。ウミネコは魚群の所在をしめしてくれることから漁師たちに弁財天の使いとして大切にされており、島にある蕪嶋神社は古来より信仰が厚い。

神社   詳細 »

四万温泉

しまおんせん
(群馬県)

群馬県吾妻郡中之条町にある温泉。四万川上流の渓流に沿う温泉街がある。平安時代の開湯とされており、昭和29年に日本で始めて国民保養温泉地に指定された。

温泉   詳細 »


背白ちりめん三昧丼

せじろちりめんざんまいどん
(鹿児島県)

釜上げしらす、しらすのかき揚げ、しらすのきんぴらをご飯の上に盛りつけたご当地グルメどんぶり。鹿児島県の志布志湾で水揚げされるしらす「背白ちりめん」をふんだんに使っており、鹿児島県商店街グルメNo1決定戦 「S-1グランプリ」の初代栄冠に輝いている。

料理   詳細 »

大宮八幡宮

おおみやはちまんぐう
(東京都)

東京都杉並区にある神社。第15代天皇の応神天皇と、その父君と母君である仲哀天皇と神功皇后を祀る。康平6年(1063年)に、源頼義が京都の石清水八幡宮の分霊を祀って創建した。

神社   詳細 »


むっちゃん万十

むっちゃんまんじゅう
(福岡県)

福岡県大野城市に本店を置く玉乃屋が販売している焼き菓子。たい焼きや今川焼と同様に小麦粉・砂糖を中心とした材料で生地を作り、ムツゴロウの形をした焼き型に入れて焼き上げる。具は黒あん・白あん・カスタードのほか、ハムエッグなどの軽食ともいえそうな具材も入る。名前はムツゴロウの愛称であるむっちゃんから名付けている。

料理   詳細 »

生島足島神社

いくしまたるしまじんじゃ
(長野県)

長野県上田市にある神社。生島大神・足島大神の二神を祀る。はっきりとした創建年代は不明なものの、神代の昔、建御名方命(たけみなかたのみこと)が出雲から諏訪に下る際に立ち寄った折に、生島足島の二神に米粥を奉献したという言い伝えがある。内殿には床板がなく大地そのものが御神体として祀られている。

神社   詳細 »