大山滝

だいせんたき
(鳥取県)

鳥取県東伯郡琴浦町に位置する滝。加勢蛇川上流の地獄谷にある県下最大の滝。落差は42mあり、豊かな水量を誇る。片道約30分のハイキングコースがあり、多くの観光客で賑わう。日本の滝百選のひとつ。

滝   詳細 »

王祿

おうろく
(島根県)

島根県松江市の地酒。王祿酒造有限会社(明治5年創業)。全品無濾過のため、瓶内に白い物が浮遊、もしくは沈殿している場合があるが、本来日本酒の持っている「オリ」と言われる成分。生まれたままのお酒を味わうことができる。通常販売されている日本酒は、二度もしくはそれ以上の回数火入れ殺菌をするが、火入れをすることによって酒の成長にとって必要な酵素も失活してしまうため、できる限り火入れ殺菌をしていない。

日本酒   詳細 »


糸魚川ブラック焼きそば

いといがわしぶらっくやきそば
(新潟県)

新潟県糸魚川市のご当地グルメ。日本海で獲れる県産のイカを使用し、そのイカ墨を絡めた真っ黒な麺が特徴。イカ以外の具材や味付け、トッピングなどは各店によって様々。糸魚川市の飲食店などでつくる「糸魚川うまいもん会」が地域活性化を目指し開発したご当地グルメ。

料理   詳細 »

出石神社

いずしじんじゃ
(兵庫県)

兵庫県豊岡市にある神社。創建は奈良時代と伝えられている。祭神は天日槍命(あめのひぼこ)と出石八前大神(いずしやまえのおおかみ)。但馬五社の一社であり、通称として「いっきゅうさん」とも呼ばれる。「日本書紀」や「古事記」などの日本神話によれば祭神の天日槍命は新羅の王子であり、八種の神宝を持参して播磨国に渡来し定住したと伝えられている。また、持参してきた八種の神宝はともに出石八前大神として祀られている。

神社   詳細 »


馬刺し

ばさし
(熊本県)

熊本県の郷土料理。農山漁村の郷土料理百選の一つ。生の馬肉を薄く切り、しょうがやニンニクなどの薬味を添えて甘口の醤油で食べる。赤身・ふたえご・タテガミ・心根・ばらひもなど、各部位で味わいと食感が異なる。馬肉は切り口が桜色になることから、別名「桜肉」とも呼ばれている。

料理   詳細 »

瀬底ビーチ

せそこビーチ
(沖縄県)

豊かな自然に包まれた瀬底島にある約800mの天然のビーチ。瀬底大橋により沖縄本島とつながっており、車で渡ることができる。

名所   詳細 »


萬福寺

まんぷくじ
(島根県)

島根県益田市にある寺院。萬福寺はもとは安福寺と号し、石見国中州浦にあった大寺だった。万寿3年(1026年)に石見地方を襲った大津波により流失してしまったが、正和2年(1313年)に第4代呑海が再興した。本堂は益田七尾城11代城主である益田兼見により建立されたもので、鎌倉時代の様式が随所に見られる簡古な造り。本堂の裏には水墨画家で有名な雪舟作の庭園がある。

寺院   詳細 »

讃岐うどんバーガー

さぬきうどんバーガー
(香川県)

香川県のご当地グルメ。香川の有名な「讃岐うどん」を取り入れた斬新な創作ハンバーガー。揚げたうどんにしょうゆだれをかけ、鶏肉のハンバーグとかつおぶし、半熟玉子をトッピングした和風テイスト溢れる一品。高松自動車道「津田の松原サービスエリア(上下線)」で販売される。土日・祝日限定。

料理   詳細 »


明治神宮

めいじじんぐう
(東京都)

東京都渋谷区にある神社。明治天皇と昭憲皇太后を御祭神として祀っている。造営は1915年(大正4年)から開始され、鎮座は大正9年(1920年)にされた。初詣は正月三が日の間で300万人にものぼる日本一の参拝者を集めることでも知られる。境内は内苑と外苑に分かれており、内苑には日本各地をはじめとし樺太(サハリン)、満州(中国東北部)、朝鮮半島、台湾からの献木365種約12万本が計画的に植えられた。

神社   詳細 »

黒龍

こくりゅう
(福井県)

福井県の地酒。黒龍酒造(創業1804年)。早くから大吟醸酒の市販化に取り組み、吟醸蔵として高い評価を得ている。日本酒の大吟醸ブームの火付け役となったとも言われている。

日本酒   詳細 »