上山温泉

かみのやまおんせん
(山形県)

山形県上山市にある温泉。開湯は長禄2年(1458年)とされ、旅をしていた月秀という僧侶が、沼地に湧く温泉で傷を癒している鶴を発見したという伝説がある。そのため、別名「鶴脛の湯」と呼ばれる。

温泉   詳細 »

したたり

したたり
(京都府)

京都府京都市中京区にある菓子店、亀廣永(かめひろなが)が製造販売する和菓子。沖縄波照間島産の黒砂糖と寒天を材料にしている。黒糖の上品な甘みと、舌の上でホロリと溶けていく寒天の食感が特徴。「したたり」は元々祇園祭のお茶会に出されていた菓子。「茶席だけでしか食べられないのはもったいない」との声を受け、年間を通して店頭販売されるようになった。

スイーツ   詳細 »


湯野上温泉

ゆのかみおんせん
(福島県)

福島県南会津郡下郷町にある温泉。大川渓谷沿いに民宿や旅館などの温泉宿が点在する。奈良時代に発見されたとされている温泉で、温泉が湧き出している川原でサルが傷を癒していたとの伝説がある。

温泉   詳細 »

かぶら寿司

かぶらずし
(石川県)

石川県や富山県を中心とした北陸地方で食べられている伝統的な発酵食品、または郷土料理。塩漬けした蕪の輪切りに、鰤や鯖の切り身を挟んで米麹で漬け込み、発酵させたもの。

料理   詳細 »


くろがね堅パン

くろがねかたぱん
(福岡県)

福岡県北九州市の「株式会社スピナ」が製造する名産品。もともとは官営八幡製鉄所の従業員向けの栄養食として生まれたもので、パッケージに「歯の弱い方はご注意ください」とまで注意書きがあるほどに「堅い」のが大きな特徴。味はその堅さとは裏腹に優しい甘さで、消化も良い。また、含まれる水分が少なく、保存性に優れるので非常食としても用いられる。

名産   詳細 »

室生龍穴神社

むろうりゅうけつじんじゃ
(奈良県)

奈良県宇陀市にある神社。水を司る龍神とされる、高龗神 (たかおかみのかみ)を祀る。境内地のさらに奥には、龍神が棲むとされる「吉祥龍穴」がある。神社の創建年代は不詳だが、桓武天皇が病で伏せた際に室生の龍穴に祈願したところ治ったとの記録があることから、これが現在の吉祥龍穴ではないかとされている。

神社   詳細 »


備中松山城

まつやまじょう
(岡山県)

岡山県高梁市内山下にあった城。1240年、秋葉重信が築城。別名、高梁城。海抜約430mの臥牛山といわれる小松山の山上にあり、現存天守を持つ最も高い山城として有名。日本100名城(68番)の一つ。現在の天守は、1681年(天和元年)、水谷勝宗が築城したもの。江戸時代以降の松山城主はこの山城には、ほとんど登城する事なく、 麓に居館(御根小屋)を設け、日常生活や実質的な藩政一般は、ここで行われていた。

城   詳細 »

富山ブラックラーメン

とやまぶらっくらーめん
(富山県)

富山県富山市内で食べられているご当地ラーメン。醤油の濃度が高い黒っぽいスープを使い、大量の粗挽き黒胡椒を振りかける為、独特の塩辛い味付けであることが特徴。麺は太めであることが多い。富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた若者の昼食として、また肉体労働者のための塩分補給として、醤油が濃いスープのラーメンを作ったのが起源とされる。

ラーメン   詳細 »


北海道庁旧本庁舎

ほっかいどうちょうきゅうほんちょうしゃ
(北海道)

北海道札幌市中央区にある、かつて北海道庁の本庁舎として建築された煉瓦造りの西洋館。「赤れんが庁舎」の愛称で北海道民より親しまれている歴史的建造物。国の重要文化財にも指定されている。明治21年(1888年)にアメリカ風ネオ・バロック様式で建てられた。館内は北海道立文書館として一般に無料公開され、北海道開拓関係資料の展示と保存をしている。

名所   詳細 »

法体の滝

ほったいのたき
(秋田県)

秋田県由利本荘市に位置し、子吉川の上流である赤沢川にある滝。落差は57.4mあり、山頂に面して末広がりに流れ落ちる滝。日本の滝百選のひとつに選定されているほか、秋田県名勝および天然記念物第一号に指定されている。

滝   詳細 »