長崎新地中華街

(ながさきしんちちゅうかがい)
長崎県  名所   
名所
   

長崎県長崎市新地町にある中華街。横浜中華街、神戸南京町とともに日本三大中華街のひとつと称される。約250mの十字路の石畳は長崎市の姉妹都市である福建省の協力によってできた。中華料理店や中国菓子、中国雑貨など約40店舗が軒を連ねている。
現在の中華街があった場所は、もともと元禄時代に浜町の海岸沿いを埋め立てて人工島を造り、中国からの貿易品を納めていた「新地蔵所」という倉庫を建造した場所。新地蔵所廃止後に在留の中国人は港に近い蔵跡地に移り住み、長崎固有の中華街が形成されていった。
長崎新地中華街